2018年6月17日日曜日

EOS M100かなり良い

私の好き嫌いは別として、やはりカメラの時代は急速にミラーレスに移り変わって来ています。

そこで、現在最も予算的に手ごろに始められる「EOS M100」を真剣に見て来ました。

結論を先に言うと、デザイン優先の入門機みたいなイメージを超えて、十分に本格派として活躍出来る素晴らしいカメラ。

長らく気が乗らなかったEOS Mでしたが、このEOS M100さえあればいよいよ・・・と思えるほどの良さです。


なんと、今回、初めて(!!)EOS M100のカタログを頂いてきました。

EOS M100は「良いなぁ」と思うたびに、要所、要所で、決定的な小型ボディ・良性能・良デザインと三拍子揃ったPowerShot Gシリーズが立ちはだかるなど、タイミングがずれまくって、今までカタログを手にする機会が無かったのでした。


EOS M100は、実機も良いですが、カタログも負けず劣らず良い感じ。

カメラのある生活の素晴らしさが良く伝わるし、カメラそのものの魅力も、限られたページ数の中で精いっぱい散りばめてあって笑顔になれました。

EOS M100は、個人的に、まず布目が施されたシンプルデザインはとてつもなく美しい。

シンプルで美しいというのは、言うのは簡単だけど、やろうとしたら本当に才能が必要。

無味乾燥な冷たいデザインになりかねないし、たった一つの飾りやラインを欲張っただけで台無しになってしまいがち。

EOS M100は、まさに大成功で、手にするたけで嬉しくなるほどの清廉さ、美しさに恵まれ、優しい温かみすら感じさせます。

キヤノンのカメラは、PowerShot G5X/G1X3、G9X、EOS KISS X7などなど、こういった才能の輝きに満ち溢れた「作品」が数多く存在する印象だけど、EOS M100も十分にトップクラスだと思います。


EOS M100は、モードダイヤルすら廃したシンプル構成のため、一見すると、デザイン最優先のフルオート初心者用カメラにしか見えないのですが、ぶっちゃけそんな事はありません。

モード切替はメニューからになるのですが、個人的には、一度マニュアルモードにしておけば、あとはほぼモードを動かす事は無い(カスタム設定モード=Cモードが無いため、モードを頻繁に動かす事はない)ため、問題は無いと思いました。

回しやすい電子ダイヤルでシャッター速度と絞りをスムーズに変更できるし、機能の切替も、カーソルキーの「上」に割り当てられており、シャッター速度と絞りの切替もやりやすいですね。

カーソルキーの下「INFO」ボタンを押すと、背面液晶いっぱいにEOS KISS X7などでもおなじみの「操作パネル」が表示されるので、ここからタッチパルでもって色々な機能を迅速に切替可能。

最小限のハードウェアキーとタッチパネルの融合により、フルマニュアルでも快適操作が可能というのは、もはやキヤノンの大得意技と言えるもので、これはポケットカメラで稀代の名機と断言する「PowerShot G9X Mark2」でも存分に見せつけている点でもありますね。


AFはすこぶる快適。

1点AFはもちろん、多点AFにおいても、ゾーンの考え方が良い感じ。

ゾーンのエリア(大カッコで示されます)を指でタッチして動かし、まずは大雑把にAFが当たるゾーンを指定。

あとはそのゾーン内で多点AFが発動する・・・これは見事。

AFの点なんか、多ければ良いという数値主義なんかは無意味で、逆に、数だけ闇雲に多いだけだとどうなるか? 変な場所にAFが当たりやすいだけで足を引っ張られてしまう。

EOS M100は、もちろんそういう物ではない良いものですね。

この美点は、EOS M100に限らず、今やキヤノンミラーレス全体が基礎として持っているものになっていますね。


握りやすいグリップが無いなど、やれば「けち」を付ける事ももちろん可能ですが、EOS M100は、コンパクトカメラとしての立ち位置をしっかり守ったままで、レンズ交換式ミラーレスとなっているわけで、満点のカメラだと思います。


より本格的に使用したいのであれば、さらに高性能なEOS KISS Mも良いのですが、EOS M100は値段のメリットも大きいです。

あくまでも今日現在の仙台価格に限ると、EOS M100は、EF-M 15-45mm F3.5-6.3レンズ、EF-M 22mm F2レンズといった、EOS Mをやるなら絶対にあった方が良い2本のレンズがセットになった「ダブルレンズキット」が、なんとEOS KISS Mのボディよりも安い。

キヤノンは、ついにミラーレスに舵を切ったわけで、今後、今までのペースでは考えられない短期間・多数量の高性能高機能ミラーレスボディが登場するのは確実です。

どんな時代になっても、魅力的なコンパクトカメラ型のEOSを先にしっかりおさえ、さらに2本のレンズを得て、新しいカメラの大海原に船出する。

そういう選択もアリかなぁと。

2018年6月10日日曜日

PowerShot G9X Mark2で、国営みちのく公園のポピー祭りを撮ってきました

国営みちのく公園に行き、美しく広がるポピー祭りを撮ってきました!!

みちのく公園の花って、レイアウトとか年々より美しくなっているような気がする・・・!!

カメラはPowerShot G9X Mark2のみですが、本当に撮りやすくて良いカメラです。

1インチセンサー搭載なので、ピントの深さと画質が両立されていて、広がる花を撮るのにはG5Xと並んでベスト。

さらに、APS-C換算で18-53mm F2.0-F4.9のレンズは、背景のぼけも良く出せ、コンパクトさと利便性を両立してる名設計。

心が洗われるような景色をイメージ通りに吸収してくれました。


この世への未練をなくすくらいに大満足の景色の中を、小さくて軽くて素晴らしいPowerShot Gと共に歩く・・・良いものです。

国営みちのく公園で、ツバメやスイレンを撮ってみました

国営みちのく公園(国営みちのく杜の湖畔公園)に行って来ましたが、なんと、入口のチケット売り場の上でツバメが巣作りをしていました!!

持って行ったカメラのPowerShot G9X Mark2で慌てて撮ってみました。


ツバメは写真に撮れた記憶がなくて、公園の入場を忘れてG9X2のシャッターを切り続けていました。


G9X2は、ポケットカメラにも関わらず、一眼レフ顔負けの高速レスポンスを持ち、飛ぶツバメも遅れずに撮る事は可能です。

ただ、速度はもうバッチリであるものの、AFそのものは(良くも悪くも)直球シンプルなキヤノンのコントラスト方式であるため、背景が被写体よりもくっきりしていると背景にピントが合い続けて被写体にはほぼ当たりません。

ただ、次世代の「デュアルピクセルCMOS AF」という技術が既に確立しており、PowerShot G9X Mark3や、PowerShot G5X Mark2がもしも出れば、これを搭載して万事解決となるため・・・ってまだ見ぬ未来の話ですね。


最高のミラーレス技術である「デュアルピクセルCMOS AF」の搭載は無いものの、PowerShot G9X Mark2は、その小さな体に、フルマニュアル操作性の快適性と性能をバランス良く詰め込んだ、カメラの世界を変革するほどの名機であるのは確か。

さらなる進化も楽しみに待っていましょう。


ここからはスイレンの写真になります。

PowerShot G9X Mark2の小ささと軽さを活かし、カメラをつまんだまま、水面ギリギリまで手を伸ばして撮影しています。

G9X2においては、その小ささと軽さがこの上ない美点や武器となっており、可動式液晶が無い事はすなわち必然であり、欲しいとか欲しくないとかそういう論議すらも不要に思えます。

可能であれば、このままカメラグランプリをあげて欲しいくらいの奇跡の名機なので、決して(わずかでも)大型化はしないで欲しい・・・それが私の願いです。


PowerShot G9X Mark2の画質は、とにかく気に入っています。

ギシギシした画質の最新デジタル機材ではなく、フィルムに近い優しさ(それは搭載レンズがフィルム時代のような優しい柔らかさに包まれている、という設計の妙技もあります)が、黎明期のデジタル一眼レフを彷彿とさせ、まさに良き写真機材という感じですね。

2018年6月8日金曜日

VivoBook E203NA-464GでBluetoothが消えてしまった話

最近は(重量級の処理以外は)メインPCにまで昇格している、手持ちの低価格モバイルノートPC「VivoBook E203NA-464G」ですが、朝方4:00過ぎくらいにちょっとJava EEの勉強をしていたところ・・・Bluetoothマウスが突然無反応になってしまいました。

最初はマウス本体の電源をON/OFFしたり、PCを再起動したくらいにしてすぐ直るだろうと思ったらだめ。

なんだろう?と思って「設定」を開いたら、なんとBluetoothが「無効」になっており、言うなれば、最初からBluetoothが無いPCの状態になっていたのです。

コントロールパネルを開くと、なんとBluetoothの項目そのものが無くなっている!!

えーっ・・・!?


結論を言うと、コントロールパネル -> メニューの「表示」 ->  非表示のデバイスの表示 -> Qualcomm Atheros Bluetooth 4.1 ->削除 とやってBluetoothドライバを削除して再起動しました。

再起動後、「BUFFALO Bluetooth NFC Mouse」を準備中です・・・みたいなメッセージが出て、数十秒待っていると復活しました。

ドライバの更新をすれば良いのでは?と思って最初はそれをやってみたのですが、「更新しました」と出るものの症状は変わらずだめ。

しかも、更新を終了しても、さらに何回も更新が実行できるという謎の状況に陥りました。

レアなケースかも知れないし、環境によって違いがあるかも知れませんが、VivoBook E203NA-464GでもしもBluetoothが消えてどうしようもなくなった時、クアルコムのドライバを削除して再起動してみると私のように直るかも知れません。

2018年6月5日火曜日

さわやかな蔵王でバラを見て来ました!! カメラはPowerShot G5X!!

週末、さわやかな蔵王でバラを見て来ました。

またしてもカメラはPowerShot G5Xのみ。

G5Xは、ピントの深さと画質の良さが両立しているため、花や風景の撮影には個人的にはベスト。


さわやかな蔵王の青空に映えるバラの花!!


日差しがとても強く、陰影がちょっときつかったので、内蔵フラッシュを焚いて撮影。

G5Xはとても小さな機体なので、内蔵フラッシュに不安を覚えるところですが、EOS 7Dなどと同様になくてはならない優れたものです。


絞りF/8だと、バラの花にこれだけ近寄っても、程よく背景が溶けずに写せる。

これは1インチセンサーならではの大きなアドバンテージかなぁと。

APS-Cのような巨大センサーカメラは、画質は文句なしに素晴らしいものの、想定外の大きなぼけのために、なかなかイメージ通り撮れない事が多いです。

キヤノンも1インチでレンズ交換式カメラ出さないかなぁ。


G5Xは、炎天下でも楽々に絞り開放が使えます。

PowerShot Gシリーズの伝統なのですが、3段減光(光量を1/8に減らす)のNDフィルターが内蔵されているので、それをONにするだけ。

レンズ交換式カメラだと、本体がどれだけ小さくとも、結局は、レンズやフィルターなど荷物がどんどん増えて結局はデカい高級・高性能機種でいいんじゃないか、という感じに膨らんでしまいがち。

PowerShot Gは、荷物で振り回される事が一切ないので、逆に撮影や旅行そのものに集中しやすく色々考えさせられる事が多いです。


バラも美しいですが、蔵王の新緑の風景、空気も格別ですね。

ここは本当に良いところだなぁ。


愛車のアイと蔵王の景色。

この写真だけ、ナンバープレートをマスク加工してあります。


蔵王の大自然の中に咲くバラというのは、なんか特別な感じがして感動してしまいますね。


ちなみに、隣接するレストランがあって、そこで蔵王名物のチーズを使ったハンバーグ食べて来ました。

雰囲気もロッジ風でバッチリ!!

蔵王は何度来てもイイ・・・!!