2017年5月28日日曜日

ギルティギアXrd REV2(イグザード・レヴツー)やっぱりスゲェ!!

対戦はしない(下手過ぎて出来ない)けれど、格闘ゲームにおいて一番好きなのが「ギルティギアXrd -SIGN-(イグザード・サイン)」。

その続編となる、ギルティギアXrd REV2(イグザード・レヴツー)が早くも発売されました!!

ギルティギアXrd -SIGN-は、ストーリーモードも相当に素晴らしい出来栄えでした。

過去のギルティギアの全ストーリーの集大成で、色々な謎が解ける必見の作品。

終盤なんか、ソル・バッドガイら主人公に次々とピンチが訪れ目が離せないどころじゃない。

体調が悪くて布団の中で大汗かきながらヴィータ握りしめてたんですが、汗ぼろぼろ流しながらも、もう少しの休息も惜しんで一気にプレイしてしまったほどです。

今回のXrd REV2は、そのXrd -SIGN-のずばり続き、続編!!

しかも、お値段も良心価格という二重の喜び。

格闘ゲーム史上、これ以上のドキドキ感はなかった!!という最高の状態で購入となりました。


ちなみに、公式HPで、自分と相性の良いキャラクターを診断する事が出来ました。

2回やってみて、2回とも「アンサー」というキャラが一番と診断されたとです!!


ギルティギアXrd REV2は、格闘ゲームではあっても、やっぱりヴィータからプレイしています!!

あまりにもヴィータのコントローラーが手になじみ過ぎて、最近では、本来なら世界で一番良いはずのPS4コントローラーより、ヴィータの方が操作しやすくなってしまった・・・。

ただ、L2/R2キーが無い(タッチパネルで代用)ため、ゲームによっては操作が難し過ぎてだめなやつが出て来てしまう。

本作品は大丈夫!!


いきなり本編に入らずに、まずはチュートリアルでプレイ開始!!

しかし、大きな拾い物でした。

このチュートリアル、横スクロールアクションゲームみたいになってて、単体でもしっかりと面白い!!

ジャック・オーというキャラクターが先生となって、アドバイスをくれるのですが、とにかく分かりやすい。

最初は「誰やねんこのキャラ!?」でしたが、チュートリアル完了の頃には「ジャック・オー先生!!」に大出世しとりました。


チュートリアルではありますが、横スクロールアクションの感覚で楽しい!!

こんな楽しいチュートリアル今までになかったぞ!?

最初は謎の暗号だった、P(パンチ)、K(キック)、S(スラッシュ)、HS(ハイスラッシュ)、D(ダスト)も、チュートリアルが進むにつれて体で覚えるようになり、P=四角ボタン、K=Xボタン、S=三角ボタン、HS=丸ボタン、D=R1(ヴィータはR)ボタンって、ぱっと出て来るようになります。


ジャック・オー先生も言っているけど、ギルティギアにはだいご味「ロマンキャンセル」ってのがあるんですが、これねー・・・これって初心者には毎回「なにそれ!?」で大きな壁になってるんですよね。

今回は、きっちりと「ロマンキャンセルとは一体何なのか」から丁寧に説明してくれて、しかも、ロマンキャンセルを横スクロールアクションに組み込んであって、遊ぶうちに自然と覚える事が出来る過去最高の仕様。

ロマンキャンセルって、ガチガチに本質を説明すると逆に分かりにくくなる類のもの。

最初のうちは、コンボの終わりに、ある操作(P、K、S、HSのどれか3ボタン同時押し)で発動させ、成功するとさらにコンボが継続さ出来るもの・・・と捉えるのが良いです。

実際に、チュートリアルは、そう捉えるよう教えてくれるのです。

たとえば、コンボを8回当てないと倒せない敵が登場したりします。

どうやって倒すんだーー。

そうだ P、K、S、HSでまず4回、(ロマンキャンセル発動!)、追加でP、K、S、HSでよし合計8回当てて撃破!!という感じ!!

え、じゃあ、うまい人はずっとコンボ続けられちゃうじゃん!?と思ってしまいますが、そうはいかない、画面下に表示される「テンションゲージ」を50%も消費するため、とても連発は出来ないように考えられています。


ラストは、いよいよジャック・オー先生とのバトル!!

覚えた操作を叩き込んで卒業やーー。

こんな楽しいチュートリアルはホント今までどんなゲームも無かったぞ。

フルプライス級とはもちろん言えないまでも、横スクロールアクションゲームもらえた感じ。

というか、ジャック・オーがいきなり好感度100%になります。

どんなに失敗しても、「まだ大丈夫!!」「あきらめないで!!」と応援してくれるし、「ブイブイ言わせに行くわよ」「レッツラ・ゴー」とか脱力セリフも連発。

繰り返しになりますが、ジャック・オーは、だれコレ謎のキャラから、一気に先生ぇーーに出世してしまった。


チュートリアルが想定外に楽しくて燃えてしまったけど、いよいよ本編。

私はギルティギア大好きなんだけど、ドヘタです。

まぁそれはそれとして、毎回、最初はソル・バッドガイを選択しているので今回もソル。

アーケードのエピソード・モードというのプレイすると、Xrdのストーリーの続きを進める事が出来ます。

いやーーギルティギアって、Xrd -SIGN-のストーリーモードをクリアすると、とにかく全てのキャラへの好感度が今までの振幅幅を遥かに超えて一気に上がりますね。


ソルなんて、以前は、主人公というよりラスボス、斜に構えたすげー怖いにーちゃんや・・・だったのが、Xrdストーリーモードプレイ後は、「人生の苦みを知っている、本当は心優しくて強くてめっちゃ頼りになるナイスガイ!!」に大出世ですよ。


いきなり初戦が、大好きなキャラのラムレザルだった!!

ギルティギアのキャラクターは全員好きなんですが、その中にあって、特に好きなのが、このラムレザルと、ミリアなんです。

男性キャラでは、怖かった(過去形)けどソル・バッドガイ。

しかし、この美しいグラフィックどうですか!

デモ専用のグラフィックだと普通は思いますよね。

違うんです!!これ、実際ゲームで操作するキャラクターのグラフィックがそのままデモに出てきているのです。

すごすぎ。


前作のラスボスだったラム。

初戦で撃破かーー。

前作Xrdのストーリーモードをプレイすると、ラムへの好感度も100%の状態なので、正直バトルがつらい。

まぁそこは格闘ゲームという形式上、戦わないとしゃあないけれど。

くどいけど、このグラフィック、全部、自分が操作しているあのキャラクターモデルのまんまなんです。

信じられないけど、まさに職人技ですな!!


二戦目は、カイ・キスク撃破。

ただ、Xrdのストーリーモードクリアした後だと、ぎすぎすした戦いではなく、親友同士のスパーリングですな。

映画ロッキーのロッキーとアポロみたいな。

というか、Xrdではカイが規格外のカッコ良さでしびれまくってしまった。

この王なら、確かにみんなついてくるわ・・・。

奥さん(ディズィー)と息子(シン)も半端じゃないし。


死から蘇った(無理やり甦らされた)ザトーONEも渋い!!

多くのキャラ一体一体に、しっかりとキャラを確立させ、しかも揃いも揃って全部良キャラなんて格闘ゲーム、他にあろうか!?

RPGだってAVGだってかなり難しいぞ。

ザトーを巡るストーリーの謎っぷりも、Xrdでは綺麗に明かされてましたね。


レオも来た!!

Xrdストーリーモードクリアした後だと、出て来るキャラに深い愛着を持った状態でスタートするから、もうキャラが出て来るだけで嬉しくなってしまう。

Xrdでは、このレオと、エルフェルトは、ストーリーモードやらないと謎のキャラになってしまうんですが、やるともう好きキャラに一気に入ります。

格闘ゲームの性質上、誰が出てこようとも全員撃破しないと進めないんだけど、まぁそこはそれ・・・。


イノも撃破。

このイノは、全員好きなギルティギアの中にあって異質な存在。

好きではあるけど、怖い!!

PSPの時に、もう頭の先からつま先まで涙でぼろぼろになるくらいボコボコにボコられたキャラで、そのトラウマが尾を引きまくり。

個人的には、エイリアンに次ぐ、恐怖キャラでもあります。

イノ出て来ると、毎回怖くて途中で手がとまり、その間に攻め込まれてギリギリまで追い込まれたり負けたりする。

Xrd REV2では、ストーリーも素晴らしいし、克服しなきゃいかんね。


おおおージャック・オー先生!!ジャック・オー先生じゃないですか!!

設定とか関係なく、チュートリアルのお陰で、もうすっかり先生ですよ。

嬉しくてうきうき。

あれ、よく見たら何ですかその仮面は・・・!?


ジャック・オー先生、なんか、プレイ中は、仮面で顔を隠して謎の人物という演出しまくりなんです、けど・・・

・・・根本的に、キャラ選択画面で顔をもろに出してますよね・・・。

こ、これは面白い流れなんですけど、いいんですか、先生ぇぇ!!

それはともかく、グラフィックまじすごですな。

これデモ専用じゃなく、プレイアブルのゲーム操作用キャラのグラフィックなんですよね。


ともあれ、まずはソル・バッドガイのエピソードモードバトル完了!!

Xrd -SIGN-のあの燃えるストーリー、早く先が見たい素晴らしいストーリーの続きですが、ここで完了ではなく、ここからさらにREV2のストーリーモードに入るわけです。

今回は、「スーパーロボット大戦V」のように、従来よりもより初心者に向けて敷居を下げてあるし、遊びやすくて過去最高に好きになれそう。

格闘ゲームは、なんかスポーツゲームみたいにガチガチになって来てて敬遠してたけど、このギルティギアシリーズと、デッドオアアライブは変わらずにずっと好き。

これからもバンバンプレイして行くぜ!!

2017年5月27日土曜日

PowerShot SX710 HSレンズエラー発生に苦しむ!! から回復した話

実は・・・最近まで、日常使いカメラとして大車輪の活躍をしてくれている「PowerShot SX710 HS」なんですが、これにレンズエラーが発生して苦しんでました。

今回の記事では、その話をさせて頂きたいと思います。


どういう症状だったかと言うと、正常であれば、電源を入れるとレンズがグイーンと素早く伸びて撮影可能になるわけですが、そうはならず、苦しそうにゆっくりレンズが伸びて来た挙句、途中で止まってしまい、液晶モニタに「レンズエラー」表示。

レンズが戻ってしまう・・・。

ところが、何回か電源のON/OFFを繰り返すと治る(また再発するけど)ため、1万数千円くらいかかる(と思われる)修理に出す踏ん切りがつかず、シャッターチャンス逃がしまくりのまま何か月か過ごしてしまいました。


PowerShot SX710 HSは、既に720、730まで後継機が出ていて、性能もアップしてはいるのですが、デザインがトラディショナル志向に変化しており、710のこのデザインが好きな私には、買い替えるという選択肢もありません。

やっぱり修理かなぁ・・・とか思っていたら、ある日、治りました!!

なんと、いつものように不調なので、何回もレンズをON/OFFしていたら、レンズ鏡胴の隙間から、「白い糸状の物体」が出て来て、レンズの飾りリングの縁に張り付きました。

「あれっ、糸!?」と思って指でピッとしたら、そのまままるで油のようにビニョーーと伸びてしまい、慌ててハンカチで拭き取ってしまったため、記録写真なんかは撮れてませんでした。


その糸状の油が取れた直後から、PowerShot SX710 HSが完全に治り、快調になったんです!!

えなんで!?え何で!?と思って脳裏にガシャシャシャシャーンと浮かんだのが、100円ショップで購入して使っていた袋!!

これにPowerShot SX710 HSを入れていたんですが、内部が糸くずだらけでした。

この袋に入れていた時、間違って電源ONにした事があって、袋の内部でレンズが伸びて押されて元に戻り、そこで糸を巻き込んだのだと思われます。

糸状の油だと思ったけど、実は糸そのもので、カメラ内部で水分とかを吸って脆くなってたんでしょうね。


レンズエラーの時は、内部にゴミがひっかかっていることもあるんだなぁと。

レンズ収納式カメラは、ゴミの巻き込みという怖さがあるのを思い知りました。


治った嬉しさで、さっそく、PowerShot SX710 HSでお花の写真を撮ってきました!!

このカメラで、1/2.3インチセンサーの良さを知ったし、もうスマホに高性能カメラを求める事も一切なくなった立役者!!

レンズ収納式カメラの気を付けなくてはいけない点も教えてもらったし、ずっと使って行きたい。

グラビティデイズが、PSV+PS4の新次元を切り拓いている話

ここのところ、年々強まる仕事のプレッシャーも、プレイステーションのゲームをプレイする事でかなり癒されている私。

しかも次から次へととびきりの良作に恵まれているため、今やもう、ヴィータのボディを見ただけでも気持ちが安らぐようになって来てたりします。

ソニーや、素晴らしいゲームを作って下さっているソフトメーカーの皆様、本当にありがとうです!!


そんな中、またまた素晴らしい作品に出会いました。

元々はヴィータ専用ゲームとして発売されていた「グラビティデイズ」のPS4版。

私は、もちろん、ヴィータからリモートプレイしているわけなのですが、この作品、ヴィータ+PS4のリモートプレイの新次元さえも切り拓く、すこぶるつきのとんでもない作品になってました!!


グラビティデイズは、どんなゲームなのか。

一言で言うと、重力を自在に操る夢をかなえる、革命的なアクションゲーム!!

重力を操るって何なんだそれ!?と思いますよね。

実際にやってみると、うおおおおーっ!!てなります。


まず、このゲーム、記憶喪失のキトゥンという少女が、知らない町で目を覚ますところから始まります。

プレイヤーもキャラ本人も状況がわけわからないままですが、早速起きる事件によって、よく分からないけど、どうやら、キトゥンは重力を自在に操れる人間(本当はいつも傍にいる黒猫ダスティのお陰だけど)なんだ、という事が分かり、とにかく重力を操ってみよう!!となります。

普通、当たり前ですが、下が地面ですよね。

でもこのゲームは、Rキーをポンと押せば、いつでも無重力状態になれるんです!!

で、で、それだけだと、空間にふわふわ浮いているだけなんですけど、丸いマークを好きな場所に向けてもう一度Rキーを押すと、その方向が地面になるんです。


たとえば、ビルの壁面に向かってRキーを押すと、その時点で、ビルの壁面が地面になります。

地面てのは重力の方向で、ビルの壁面に向かって落ちていくことになります。

しかも、方向に制限はなく、自分が好きな方向に向かって落ちていく事が出来るんです。

これを応用すると、空に向かって落ちていく事で、空に飛びあがったり、水平方向に落ちて行く事で、実質は飛行する事が出来たり、まさに今までにない自由度で動きまくる事が出来るんです。

しかも、途中でRキーを押すとブレーキがかかり、その場で静止が可能!!

静止したら、また方向を変えて「落ちてゆく」事で、方向転換も自由自在!!

「あわわわーーーー」ってくらい楽しい。


じゃあ、何が、ヴィータ+PS4のリモートプレイの新次元を切り拓くのか?というと、このゲーム、単純に秒間60フレームでヴィータからPS4ゲームが遊べるってだけじゃないんです。

なんと、まず、タッチパネルがちゃんと発動して、画面のオブジェクトに触る事が出来ます。

最初の最初、リンゴにタッチして下さいなんて言われるわけですが、ヴィータのモニタをトントンすると、イオンさん・・・じゃないや、リンゴがちゃんと反応してポコッと落ちてくれてびっくり!!

そう、ヴィータ専用版と同じような感覚なんですね。


タッチパネルはともかく、もうさらにびっくりなのが、なんとなんとなんと、ヴィータのモーションセンサーが、きっちり綺麗にPS4に伝わる事!!

無重力でフワフワしてる時に、重力の方向を自分で自由に決められる話をしましたが、この時、右スティックでもOKなんですが、ヴィータを傾ける事で、傾けた方向にスムーズに素早く向く事が出来るんです。

これめちゃくちゃ凄いです。

はっきり言って、超・超・超高性能の新型ヴィータが発売されて、それでゲームプレイしている!!という感覚。

このゲームは、ヴィータのモーションセンサーがこれ以上ないくらい輝く作品にもなってます。


重力を自在に操ってあちこち動き回るだけでも楽しいんですが、バトルがこれまた燃える燃える。

ネヴィという謎の敵が出現するのですが、こいつを倒すのに、「重力キック」が楽しい楽しい。

まず無重力状態で浮かんだら、モーションセンサー(右スティックでもOK)でもって、丸いマークをネヴィに合わせ、キックボタン(四角ボタン)を押すと、ズゴォォォーーーとそこに落ちる勢いでキックぶちかまし!!

見事当たると「フォーーー!!」とハイテンションになるくらい楽しい。


あと、重力グラブと言って、丸ボタンを押すと、周りにあるオブジェクト(給水タンクくらいでかいものでも!!)フワワーと持ち上がり、それを投げつける(重力スロー)事も可能で、楽しみ方はどんどん広がって行きます。

この重力グラブ、人も運べるので、誰かを救出するミッションとかでは、人を浮かせたまま目的に運んだりもしますよ。


このゲーム、やっぱりキャラクターも良いですよー。

主人公のキトゥンは、記憶喪失なんだけど、心の真っすぐな良い人でして、困っている人を見過ごせずに助けまくります。

最初は、不審人物扱いで・・・町の人からも警察からもすっごく嫌われていて、下層の土管内部に住む(!!)のですが、人助けしているうちにだんだんと周りから認められて来ます。

心温まる展開ですね!!

キトゥンも、人から褒められるのを素直に顔に出して喜ぶから、プレイしててこっちまで笑顔になっちまう。


ストーリーも、先に進むにつれて加速度的に目が離せなくなります。

何やってもキトゥンがかなわない、強烈なライバルキャラも登場して、うわーーキトゥーーン!!

激動に次ぐ激動ストーリーの大傑作アクションRPG、オーディンスフィア/レイヴスラシルとは違い、序盤は、記憶喪失と町の人助けで割とのんびりしたペースだから、ストーリーが動き出すまではちょっとかかるんですけど、もうガンガンに引き込まれましたよ。


ビルの壁面に立つキトゥン。

この作品は、遠景が線画イラスト調になる独特の演出。

このおかげで、まるで自分の夢の中にいるような、じんわりした不思議感がにじみ出ていて、心にしみます。

日本のゲームって、なんだかんだ言われますが私は今や大好き。

グラビティデイズは、まさに革命的なゲームの一本だと思う。


仮に、どこか気に合わない部分があったとしても、それを二倍も三倍も取り返す良い点があれば、それをカバーして、結果、どっかがアレでもちゃんと100点満点とれる!!

それがこのゲーム。

まぁ、この考え方は、ゲームに限ったものではないですが。

全体的に素晴らしいのですが、一部、どうしても辛い部分はあります。

この作品は、パワーアップはあるものの、基本的にはアクションRPGではなく、ガチガチのアクションゲームなので、割と作者さんがプレイヤーにきつく挑戦的だったりします。

たとえば、自由自在に重力を操れるのが魅力なのに、それを制限された上に、最後まで戦い抜かないと先に進めないステージが用意されてたりとか。

心が折れそうになる事もあるんですが、楽しいから何回でもあきらめずに挑戦できてしまう、そんな感じのゲーム。


これ、またしても、またしても出会えて良かった!!と心から思えるゲーム。

ヴィータをぶん回して、新しい世界を縦横無尽に飛び回ってます!!

2017年5月25日木曜日

愛車のアイちゃん日記

今回の記事では、愛車のアイちゃん日記を書かせて頂きたいと思います。

愛車のアイちゃん、年を重ねるごとに大切にする気持ちが強まっています。

今回もしっかりワックスかけました。

ワックスかけるのは、見た目の問題だけではなくて、ずっと悩まされている飛び石に対抗するため。

つるつるボディにしてれば、少しは緩和されるかなぁと。

通勤路ですが、具体的にクルマの種類とかを出すと申し訳ないので伏せるけど、とある種類のクルマが、とんでもない頻度で飛び石して来るんです。

飛び石はしょうがない事とは言え、落ち込みますね。

これからも(気休めでも)ワックスがけ頑張ろう。


さて、ボディだけでなく、フレームなど下回りもしっかり磨いています。

アイは、下回りも個性的でしっかり作りこまれたクルマ。

ただ、重力の問題もあり、ボディ磨くよりもかなり体力使う感じですね。


下回りを磨いていて気が付くのは、やはり飛び石などの傷が凄いなぁと。

傷を見つけたら、すぐにワックスがけか、はたまた銀色のペイントをまめにかけてないと、傷からの錆が出てしまう。

下回りはどんなに磨いてもすぐに汚れてしまうけど、汚くしてるとアイがかわいそうで落ち着かないのです。


ちなみに、オイルフィルターも磨いています。

アイは、ベルト類は樹脂カバーで覆われて飛び石からのダメージを防ぐ設計になってるのですが、オイルフィルターは丸出しなので大丈夫かな??とかちょっと心配したり。


あと、アイは、サイレンサーと触媒が一体化されています。

これを支える金具が超高熱により茶色く焼けてくるので、定期的に銀色でペイントしてます。

今回もペイント。


アイ、全くの親ばか発言ですが、今や世界で一番美しいクルマに見える!! (自分の世界では)

三菱の中でも、突然ぱっと出て来て、ぱっと消えた(電気自動車のアイミーヴはまだ継続してますが)奇跡のようなクルマ。

できれば30万キロくらいは乗りたい・・・。

口で言ってるだけでなく、30万キロ行けるように、全力で丁寧な運転をします。


エンジンも磨いてます。

3B20 MIVECエンジン眺めているだけでも笑顔になるくらいカッコ良い。

ラジエーターなどをフロントに設置していたり、吸気経路が独特だったり、アイだけにしか見られない構造が見事で、何回眺めても飽きませんね。

数百万円の高級車ではなく、言ったらば軽自動車の価格帯で、よくこれが作れたものだと毎回感心します。

三菱自動車が作ったから目立たないだけで、トヨタ自動車とか、それこそポルシェあたりが作っていたら、今でも語り継がれるクルマだったでしょうね。

いつもの親ばか発言すみません。

笑って許してくだされ。


いよいよツツジも枯れ始めているので、今しかない!!と、アイのボディにツツジを映して撮影してみました。